レポート Report

前回の好調さ持続して、3番手からチャンピオン争いができるレースを

午前のセッションはトップタイムを記録し、第6戦の好調さが維持されているようだ。

Q1は野尻智紀がアタック。なかなか自分のタイミングを取る事が出来なかったと本人はコメントしているが、3番手のタイムを記録し福住仁嶺につないだ。

Q2の福住はアウトラップを含め3周のウォームアップを行った後にアタックを開始。前の2台には追いつかなかったものの3番手という好位置からスタートする事になった。


鈴木亜久里監督のコメント

「前回からの好調さが続いているので、何とかこれを維持して明日のレースでも良い結果を出してチャンピオン争いに残りたいね」

ライアン・ディングル エンジニアのコメント

「持込はチャレンジングなセットで走り始めました。良いところがあったので、更にセットを進めてタイヤも評価して、終盤はロングランも行いました。500クラスの専有走行では予選のセットの確認、微調整をして、予選に挑みました。Q1、Q2は良いタイムが出たと思っていますが、Q2のヨコハマ勢のタイムは速すぎましたね。しかし、決勝は十分チャンスがあると思っているのでドライバーと一緒にデータを見直して準備をしたいと思います」

野尻智紀選手のコメント

「走り始めから車は好調でした。予選に対してコンディション変化があったものの、午前の状態はある程度キープ出来ていました。Q1は前車と距離が近くて自分のペースでウォームアップが出来なかったので、もうちょっと行けたかな、というのはありますが、しっかりQ2に駒を進める事が出来ましたし、フィードバックも出来て、自分に課された仕事は出来たと思います。決勝は良いポジションからのスタートなので、明日も高いパフォーマンスの車で最後まで強いレースが出来るようにしっかり戦って行きたいと思います」

福住仁嶺選手のコメント

「フリー走行から流れが非常に良かったと思います。そこから細かいアジャストをして午前はトップで終える事が出来ました。予選はいざ始まってみれば、ヨコハマ勢のポテンシャルが高かった予選でした。自分は良い走りが出来たと思っていますが、周りのタイムが予想以上に速くて結果的に3番手でした。優勝に向けて非常に良い位置だと思いますし、明日に向けてしっかり準備していきたいです」

ウェイト重いが、マシンバランスも良く、予選3番手を確保

前回はポイントを獲得出来なかったので、残りの2戦は大量ポイントを獲得してチャンピオン争いに残りたいところだ。

午前のセッションは序盤から車のバランスが良く、走行メニューを順調に消化していった。更に細かいセットを試す事が出来て、車のパフォーマンスは安定してきたようだ。

Q1は高木真一が担当。周囲の状況を慎重に見極めながらアタックに入っていった。高木は2番手のタイムを記録し、Q2の佐藤蓮につないだ。佐藤もノーミスでQ2を走りきり、3番手のタイムを記録した。

明日はミスなくトラブルに巻き込まれず走りきり、優勝を目指したい。


土屋圭市アドバイザーのコメント

「上位3台の中ではウェイトが最も重いので、今日の予選は良く出来たと思います。レースでは前の車の出方を見ながら、作戦を練って行きたいと思います」

岡島慎太郎エンジニアのコメント

「もてぎは過去のレースを見ていると苦しいレースが多くて、いろいろなセットを試してきた中でなかなか上手くいかなかったので、セットを今までで一番パフォーマンスが高かったものをベースに、今年一番良かったものを取り入れて走りました。午前からバランスは良くパフォーマンスが高いところで走れていました。後はセッション中に入れていったテストアイテムも良い方向へ行った結果が3番手でした。車の仕上がりは非常に良いと思っています。ロングランも周りと比べて悪くはなさそうなので、明日のレースもポジションを上げて優勝を目指し、チャンピオンシップに残れるようにしたいです」

高木真一選手のコメント

「午前中の走行から車のバランスは良くて、決勝のセットをアジャストしていった方法が予選のセットでもプラスに出ました。その結果、予選でも前の方に行けたと思っています。今回は練習走行もしっかり走れて、走行メニューもしっかり消化出来たので、良い悪いの判断がきちんと出来たと思います。決勝のセットアップも見つかっていますが、心配なのは明日の天候だけですね。しっかりコンディションに合わせて最低でも表彰台を狙っていきたいと思います。今日は蓮もボクも良い仕事が出来たと思っています」

佐藤蓮選手のコメント

「フリーの走り出しから調子が良かったのでポールも狙えると思っていましたが、ウェイトなどの差もあってポール獲得とはなりませんでした。しかしながら、ロングランの調子も良いので、明日は優勝に向けて戦略を組み立てて頑張っていきたいと思います」

見事な2連勝! 最終戦も気を引き締めて結果を出したい

秋とは思えないほど気温が高い中で始まった第7戦決勝レース。レース前のウォームアップ走行での感触も良く、表彰台も狙えそうな手応えだ。

スタートドライバーを務める福住仁嶺は2周のフォーメーションラップのあと好スタートを切り、1コーナーで2番手に浮上する。しかし、途中でひとつポジションを落とし、3番手でストレートに戻ってきた。その後はタイヤを労りながら順調に周回を重ねる。

10周を過ぎたところで他車の接触があり、FCYが導入されたが、すぐにコースがクリアとなり解除された。

15周目には2度目のFCYが導入されるが、この時点でトップと約6秒差がついてしまうが、FCY解除後の福住のペースはトップ2台より良く、徐々に差を縮めて行く。

23周目にルーティンのピットインで野尻智紀に交代。野尻は10番手でコースに復帰。2番手を争っていた車両が翌周にピットイン。その次の周に野尻はその車両を攻略し、実質2番手に浮上。見た目の順位は4番手だ。

トップを争う車両の中で、野尻は最も速いペースで周回を重ねて行った。31周目に正規の順位に戻り、野尻は2番手を走行。この時点でトップとの差は約3秒。トップの車両のラップタイムはほぼ同じで差を縮めるのが難しい状況だが、それでも野尻はプッシュし58周目には背後まで迫るが、抜くに至らない。

しかし、最終ラップでトップ車両にガス欠らしき症状が出てスローダウン。野尻はトップに躍り出て優勝。2連勝を達成した。最終戦でも優勝を目指し戦って行きたい。


鈴木亜久里監督のコメント

「何だかドラマのようなレースだったね。しかし、皆な良く頑張ってくれて出た結果だと思う。嬉しいけど、最終戦もしっかり戦って結果を出したいね」

ライアン・ディングル エンジニアのコメント

「2人のドライバーがすごく良いレースをしてくれました。トップ車両はピットタイミングと時間はかなり攻めたんじゃないかな、と思います。野尻もそれを知っていてプッシュしてプレッシャーをかけ続けましたので、それが良かったのかも知れません。オートポリスはRelief、今日はJOYです、本当に嬉しい。最終戦に向けてはチャンピオンを狙えるようにしっかり準備していきたいです」

野尻智紀選手のコメント

「運に恵まれたところもありますが、それも勝てた大きな要素だと思います。これに浮かれることなく、次のレースでも勝てるようにしっかりと気を引き締めて準備していきたいです。沢山の方々に応援してもらっていますので、最終戦も優勝したいと思います。」

福住仁嶺選手のコメント

「序盤ミスがあったので、それがなければもう少し楽に勝てたかも知れません。反省点が凄く残るレースだったと思います。途中、離されてしまうところもありましたが、最終的に追いつく事も出来ました。トップ車両の給油時間が短かったので、それは少しびっくりしていましたが、野尻さんもそれをわかっていて、最後まで追い詰める事が出来たのでガス欠まで追い込む事が出来たと思います」

オーバーステアとブレーキ不調でも2位表彰台を獲得

ウォームアップ走行での感触は良く、レースでの好結果が期待される。

スタートドライバーは高木真一。フォーメーションラップ中に無線でブレーキの不調を訴えてきたものの、クリーンなスタートでポジションキープして周回を重ねる。5周目の最終コーナー手前で2番手を走っていた車両にトラブルが発生。難なく2番手に浮上。

10周目に他車の接触があり、FCYが導入されるも、すぐにクリアとなり11周目に解除。

高木は12周目に自己ベストタイムを叩き出し、トップ車両の背後に迫り90°コーナーでトップに躍り出る。

チームは無線で高木にタイヤの状態を確認し、ルーティンのピットインでのタイヤ交換の本数について検証を行っていた。20周を過ぎたあたりから路面温度が徐々に上がり始める。

チームはリア2輪交換を決め、高木を30周目にピットに入れた。リアタイヤ2輪を交換し、佐藤蓮を送り出した。

佐藤は7番手でコースに復帰。他車のピットインもあり、36周目には5番手までポジション復帰。トップの車両を追うが、ブレーキの効き目が徐々に悪くなっていく。それでも佐藤はトップを猛追。速いラップで徐々に差を縮めるが、2位でチェッカーを受けてチャンピオン争いに残る事に成功した。


土屋圭市アドバイザーのコメント

「ウチのチームとしてはもてぎでの過去最高の結果を出せました。ブレーキの不調やコンディション変化もあった中で、2位は悪くない結果だったと思っています。最終戦の富士は得意なコースなので優勝したいですね」

岡島慎太郎エンジニアのコメント

「いつももてぎでは結果が出なかった事を考えると、今回の2位はポジティブだったと思っています。最低でもランクトップの車の前でチェッカーを受けるというノルマは達成出来たので、何とか次戦でチャンピオン獲れるように、今回のレースをしっかり分析したいと思います。車としてはオーバーステアがキツかった部分があるので、コンディションの変化を読み違えた部分があったと思うので、分析して富士では良いレースをしたいと思います」

高木真一選手のコメント

「思ったより周りを引き離す事が出来ませんでしたが、FCY解除後はタイヤの暖まりが良く、トップに出る事が出来ました。そこから10-15秒離したかったのですが、オーバーステアの症状が出てしまったので、タイヤ無交換をリア2輪交換に切り替えました。それでも後ろとのマージンがあったので、抜かれる事は無いと思っていたのですが、優勝した車は裏で頑張っていたみたいで抜かれてしまいました。次はしっかり勝てるように準備したいので、楽しみにしていてもらいたいです」

佐藤蓮選手のコメント

「2位という結果ではありましたが、悔しいレースでした。トップ車両はタイヤのウォームアップが良かったので、ポジションを守り切れませんでしたが、自分の中でも改善してポジションを守れるようにしなければならないと思いました。ポイントではまだチャンピオン争いを出来る可能性があると思いますが、チャンピオンを気にせず優勝目指して頑張りたいと思います」

Round.7 / 2021