ギャラリー Gallery

ARTAの熱き戦いの瞬間や魅力を、オフィシャルフォトグラファー宮田正和氏が撮影した膨大な写真から、宮田氏自らが厳選した写真でお届けするオンラインギャラリーです。

その中から、まず最初に「匠の一枚」と題した究極の一枚をディティールと共にお楽しみください。

フォトグラファープロフィール

匠の一枚

「 Reborn 」

Comment

その瞬間、伊沢拓也はサーキットで誰よりもプレッシャーを感じていた一人であった。

2018年のSGT開幕戦、予選Q2のアタック。ただでさえ緊張する場面だが、さらに彼にとっては9年ぶりに復帰したARTAでの初戦でもあった。

2009年、素晴らしい走りを見せ2勝を挙げながらもタイトルには届かなかった。その悔しい思いが脳裏を過ぎる。ARTA生え抜きともいえるレーシングドライバーとしての経歴は華やかで誰もが羨むものだ。だがその陰で果たせなかった思いや悔しさも数多くある。この予選は彼にとって自分自身へのリベンジでもあり挑戦でもあった。

コンマ1秒差の2位でフロントロー獲得、自らが手繰り寄せた結果によりチームも一丸となり、いいスタートを切ることができた。

今シーズン、自分自身はもちろんだが、鈴木亜久里のためにも9年前に出せなかった答えを出す。

Details

BODY Canon EOS-1DX Mark II
LENS EF35mm f1.4L II USM
SP 1/320
F 1.4

Gallery

Copyright © 2018 ARTA Project
写真の無断転載、複製などの二次利用、並びに商業目的の使用はご遠慮ください。
ご理解をいただき、ご協力くださいますようお願いいたします。