はじめに About us

ARTA Projectは、1997年に株式会社オートバックスセブンと鈴木亜久里が、「世界に通用する日本人ドライバーの育成」をスローガンに立ち上げた、ドライバー育成プロジェクトです。

1997年秋 ARTA Project発足

活動当初は、カート、F3、GT選手権(現在のSUPER GT)、Formula Nipponを網羅して活動をしていました。その後国内だけではなく、ヨーロッパのF3やトップフォーミュラなどにも進出、さらには、アメリカのインディカー・シリーズにも挑戦しました。

今では、その当時のARTA所属ドライバーが、日本のモータースポーツを牽引するまでに至っています。

ARTA Projectは、昨年20周年を無事に迎えることができました。今後はさらに日本のモータースポーツの発展に寄与できるよう、オートバックス、ホンダを始めとするたくさんのパートナーとともに、若手ドライバーの育成に注力していきます。

ARTA Project プロデューサー 鈴木亜久里

ARTA Projectは、昨年無事に20周年を迎えることができました。これもひとえにオートバックス、ホンダを始めとするスポンサーの方々、報道関係者の皆様、そしていつも熱い声援を送っていただいたたくさんのファンの皆様のおかげだと思っております。

21年目の今年、SUPER GT GT500クラスは、昨年同様野尻智紀選手に加え、伊沢拓也選手を迎え入れ、ARTA NSX-GTでチャンピオンを目指して参ります。昨年はポールポジションを3回、優勝1回の結果を残しながらも、ポイントを獲り損ねたレースもありました。今年は、全戦でしっかりとポイントを積み重ねて行きたいと思っております。

GT300クラスは、引き続き高木真一選手とショーン・ウォーキンショー選手とARTA BMW M6 GT3の組み合わせで、チャンピオンを目指します。ウォーキンショー選手は、昨年が日本のレース初参戦にもかかわらず、全てのレースをノーミスで走りきってくれました。今年こそは、最高の結果を手にするべく戦って参ります。

また今年は、武藤英紀選手、塚越広大選手、山本尚貴選手、小林崇志選手、松下信治選手、福住仁嶺選手、阪口晴南選手をサポートして行く予定です。

全日本カート選手権では、引き続きオートバックスの冠スポンサーをいただき、OKクラスをサポートしていきます。

このたびARTA Projectは21年目を迎えるにあたり、ロゴマークを「ARTA Project」から「ARTA」へ一新しました。これからの10年、20年を見据えて、新しいロゴマークのもとに、日本のモータースポーツの発展に寄与するべく邁進して行きます。

今年もどうか、皆様のご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

ARTA Project プロデューサー/総監督
鈴木 亜久里

株式会社オートバックスセブン 代表取締役 社長執行役員 小林 喜夫巳

平素よりARTAのご理解を賜り、厚くお礼申し上げます。2018年度ARTA体制発表にあたり、パートナー企業を代表してご挨拶申し上げます。

まずは、「ARTA Project」は1998年にスタートし、21年目を迎える事が出来ました。これも、ひとえにARTAを応援していただいているファンの皆様のおかげだと感じております。

当社はモータースポーツの健全な発展を目的として、国内最大の観客動員数を誇るSUPER GTシリーズのタイトルスポンサーとして長年支援してまいりました。さまざまな市場の変化の中にあっても、私どもは一貫してモータースポーツを支え続ける事が、クルマ業界全体の活性化、社会貢献の一環にもなっているという信念のもと活動してまいりました。今年も引き続きタイトルスポンサーとしてお力添えいたします。

時代は、今や自動運転化も目の前に迫っており、2020年東京オリンピックまでには無人タクシー等も可能な時代になって来ています。少子高齢化も進み、若者のクルマ離れへの歯止め、シニア層の事故を起こさないための対策など、当社としても色々な事を試みています。

幼少期にクルマに興味を持ってもらうために、「こどもばっくす」というイベントを各店舗で実施し、お子様に実際のクルマのタイヤ交換をしていただく体験や、シニア層が安全に運転していただくための商品、アシストブレーキシステム「ペダルの見張り番」等の提供もしております。

今まで以上に、オートバックスは「クルマを快適に使う」「クルマを使って楽しく」「クルマをもっと楽しむ」をキーワードに商品・サービスを提供し、自動車業界を牽引してまいります。

21年目を迎えて、「ARTA Project」から「ARTA」へとリブランディングします。20年間培って来た「挑戦」というプロジェクトから、レーシングスポーツブランドとして更なる進化をしていきます。まずはお披露目の場として、2018年東京オートサロンでARTA体制発表をさせていただき新たなブランドとして立ち上げました。もっとオートバックスのお客様にこのブランドを身近に感じていただき、タフで非日常的なレース活動を楽しんでもらえる機会を増やしたいと考えております。

ARTAのマシンは、昨年に引き続きGT500クラスは「HONDA NSX-GT」、GT300クラスは「BMW M6 GT3」で参戦します。昨年同様、W POLE TO WINの快挙を成し遂げ、シリーズチャンピオンを目指して頑張っていきたいと思います。

最後に、私の経営に対する考え方に「未来に向かって挑戦しよう」というテーマがあります。これはオートバックスグループ全体として目指す方向性は、「お客さまを増やし」、そして「真剣にお客さまと向き合い」、「失敗をおそれずチャレンジする」。これはオートバックス創業の精神にも相通じる理念であります。モータースポーツへの積極的な参画、ARTAに対する長年に渡る支援もまたこの理念に合致したものと考え、更なるチャレンジをしていきたいと思いを巡らしております。本年度のARTAへのご声援、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

株式会社オートバックスセブン
代表取締役 社長執行役員
小林 喜夫巳