レポート・リザルトReport & Result

開催場所:ツインリンクもてぎ北ショートコース
開催日:2018年4月21〜22日

コース:ツインリンクもてぎ北ショートコース | 天候:晴れ| 路面状況:ドライ | 参加台数:26台


2018年オートバックス全日本カート選手権OKシリーズの開幕イベント(第1戦・第2戦)が4月21〜22日の2日間、栃木県・ツインリンクもてぎ北ショートコースで開催された。

今季は、昨年のスカラシップを獲得したディフェンディングチャンピオンの佐藤蓮(DragoCorse/TM/YH)が、FIA-F4と掛け持ちながらカートにも残留。しかもタイヤをヨコハマにスイッチし、オフシーズンに大きな話題を呼んだ。事前テストでも好調が伝えられ、ヨコハマにドライでの初優勝をもたらすかに注目される。また、昨年のランキングトップ10のうち7人が残留、そのうえでルーキーも10人参戦するなど、ドライバーラインナップにも注目が集まった。

佐々木大樹、最後の勝負でトップを奪い優勝!

気温も上昇した土曜日の午後に行われたタイムトライアル。今回は26台が参加しているため、2グループに分かれての出走となる。これまでは先にアタックを行うAグループが総合上位を占めることが多かったが、今回はBグループが好調。特に今回は佐藤がBグループとなり全体のトップタイムをマーク。2位には佐々木大樹(TONYKART/VORTEX/BS)、3位にルーキーの皆木駿輔(CROCPROMOTION with EXGEL、CrocPromotion/TM/DL)がつける。

土曜日夕方に行われた予選ヒートでは、佐藤、皆木、三村、佐々木の順で序盤が展開する。皆木は3周目にトップに立つが、その直後にマシントラブルでピットに戻りリタイアとなる。かわってトップとなった佐藤は、やや後方を引き離し、三村と佐々木が2番手争いを展開する。

終盤、佐々木が三村をかわし2番手に上がり、佐藤、佐々木、三村、野中誠太(ALJ SuperWinforce RT、SWF/IAME/BS)の順でチェッカーとなった。

決勝では佐藤がホールショットを奪うものの、オープニングラップのヘアピンで佐々木がトップを奪い、引き離していく。2番手には三村、3番手に高橋悠之(TONYKART/VORTEX/BS)が続き、佐藤は4番手にドロップする。

佐々木はやや2番手以下を引き離し周回。しかし佐藤が徐々に順位を挽回すると10周目には2番手に浮上。佐々木との差を見る間に縮め、12周目には逆転、トップに立つ。

その後は佐藤と佐々木がテールtoノーズで周回を重ね、やや離れた3番手に三村が続く展開となる。

佐藤は、佐々木を従えて周回を重ねていくが、佐藤の後方でタイヤを温存した佐々木が、残り2周を切った25周目のヘアピンで佐藤に仕掛け逆転。その後は要所で佐藤を抑え切り、開幕戦を制した。2位に佐藤、3位に三村とヨコハマ勢が続いた。


佐々木大樹/優勝ドライバーのコメント

最初は引き離してのレースを考えていましたが、タイム的に追いつかれる状況となったので、前に出られてからはタイヤを温存しながら後半にかけていました。佐藤選手と速い場所、遅い場所が違っていたので、勝負はヘアピンだと思っていました。ラスト2周は狙って入り、そのあとは佐藤選手との意地のレースでした。久しぶりの優勝なので嬉しいです。


佐藤蓮、ヨコハマに初優勝をプレゼント、三村と1-2フィニッシュ!!

第2戦予選ヒートは日曜日のお昼前にスタート。気温も上昇し、条件が厳しくなる中でのレースとなった。好スタートは佐藤、2番手に皆木、佐々木、野中、三村と続く。8周目、今大会トラブルに見舞われ続ける皆木が、またも最終コーナーでマシンストップ。このヒートもリタイアとなる。これで2番手には野中が浮上。その野中を9周目に三村がとらえ、佐藤、三村はヨコハマ1-2フォーメーションを作る。

その後上位2台に順位の変動はなく、佐藤が2戦連続で決勝PPを獲得。三村が2位となりヨコハマが初めてフロントローに並ぶこととなった。

迎えた決勝ヒート。好スタートで飛び出したのはPPの佐藤、2番手に三村が続き、3番手に佐々木がつける。序盤からペース的には佐藤と三村がよく、佐々木を引き離しながら周回を重ねていく。終盤に入り、三村も佐藤のスキを伺うような動きも見せるが、仕掛けるまでには至らず、佐藤がトップを守ったままチェッカー。ヨコハマタイヤにドライコンディションでの初優勝をもたらした。2位に三村が入り、ヨコハマ1-2フィニッシュを達成。佐々木は3位に入り、表彰台は第1戦と同じメンバーが立つこととなった。


佐藤蓮/優勝ドライバーのコメント

週末はずっと苦しんでもいましたが、最後に最高の形でヨコハマに初優勝をもたらすことができ嬉しいです。三村選手とは序盤からペースを上げて後続を引き離そうと話していて、その通りに一騎打ちの状態に持ち込めました。最初から最後までプッシュして走っていましたが、タイヤが持つことはわかっていたので、不安はありませんでした。次の本庄も、しっかりと優勝したいと思います。