ギャラリー Gallery

ARTAの熱き戦いの瞬間や魅力を、オフィシャルフォトグラファー宮田正和氏が撮影した膨大な写真から、宮田氏自らが厳選した写真でお届けするオンラインギャラリーです。

その中から、まず最初に「匠の一枚」と題した究極の一枚をディティールと共にお楽しみください。

フォトグラファープロフィール

匠の一枚

「 moment ~1/21600秒~」

Comment

モータースポーツは1/1000秒を競うスポーツでもある。
1/1000秒。それは人の瞬き程度の時間で、計測器なしではその時間差は計ることすらできない。

今年で最後となった夏の名物ともいえる鈴鹿1000kmレースはおよそ6時間近くこれを繰り返す。東京から岡山に当たる距離をそれこそ1/1000秒を競い続けながらゴールを目指す。

ドライバーは狭く熱気に満ちたコックピットで自分と戦い、時には目前のライバルを追い、そして時には姿も見えぬ相手を追い詰めて行く。

そしてフォトグラファーは最高時速300キロにも達するそのモンスターマシンを望遠レンズという武器を担ぎ、灼熱のサーキットを彷徨うかのごとく歩きまわり、ゴールまでひたすら自分だけの一枚を狙い追い続ける。

今回はシャッタースピード1/30秒、一枚の写真で速さを伝えるための手段の一つのスローシャッター。
日常を非日常に変える、それが写真の力でもあり、フォトグラファーの醍醐味なのかもしれない。

Details

BODY CANON EOS-1D X Mark II
LENS SIGMA 500mm F4.0 DG OS HSM
SP 1/30
F 32.0

Gallery

Copyright © 2017 ARTA Project
写真の無断転載、複製などの二次利用、並びに商業目的の使用はご遠慮ください。
ご理解をいただき、ご協力くださいますようお願いいたします。